2021/05/14

ホームページ作成の注意点とは?主な作成方法とともにご紹介

自作でのホームページ作成には、いくつかの注意点があります。あらかじめ理解しておかないとホームページの効果を最大化できない可能性があるため、この記事を通して確認しておきましょう。

今回は、ホームページ作成のメリット・デメリットをはじめ、作成時の注意点や主な作成方法などについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ホームページはなぜ必要?

そもそも、ホームページはなぜ必要なのでしょうか? ホームページ作成のメリットとデメリットから、その必要性を紐解いてみましょう。

ホームページ作成のメリット

ホームページ作成のメリットには、まず「自社の宣伝に役立てられる」という点があげられます。昨今はWEB上で情報を調べる方が増えており、ホームページは自社を多くの方に知ってもらうための有効的なツールとして役立てられています。

仮にホームページがないとWEB上で自社をPRすることが困難になるため、作成・運用することは自社の存在を広範囲にアピールするうえで欠かせないといえます。

また、「売上や集客率を高められる」という点もホームページ作成のメリットです。上述したように、ホームページの作成・運用は自社の宣伝に役立てられるため、認知度の向上が期待でき、ひいては集客・売上の増加も見込めます。自社の成果に直接的な影響を及ぼす可能性があることから、ホームページは企業にとって必須のツールだといえます。

このほか、ホームページ作成のメリットには「お客さまに安心感を与えられる」という点もあります。たとえば、お客さまに自社のアイテム・サービスを気に入ってもらえたとしても、WEBで検索したときにホームページがなく会社の情報が不明瞭だと不信感を与える可能性があり、なかなか購入してもらえません。反対に、ホームページを通して会社の情報を発信すれば、お客さまに安心感を与えられるため購入を後押しできる可能性があります。

ホームページがあることによって、多くの方に認知してもらえたりお客さまに安心感を与えたりと、さまざまなメリットを得ることができます。これは言い換えれば、ホームページがないと大きなデメリットをもたらす可能性があるということ。インターネットの使用が当たり前になった現代において、ホームページは「欠かせない広告ツール」だといえるでしょう。

ホームページ作成のデメリット

一方で、ホームページを作成するデメリットには「維持費がかかる」という点があげられます。ホームページを自作する場合はコストを抑えることが可能なものの、制作会社へ依頼する場合は維持費がかかります。依頼先によって料金設定は異なるため、どのくらいの費用が必要になるかは一概にはいえませんが、数十万円ほどかかってしまうこともあるので注意が必要です。

また、「運用の手間が発生する」というデメリットもあります。ホームページは作成したら終わりではなく、定期的に更新し続けなければなりません。なぜなら、更新を怠ると検索結果上の順位が落ちてしまい、アクセス数が大幅に減る恐れがあるためです。くわえて、しばらく更新されていないとお客さまが「運営しているのかな?」と疑問を抱いてしまうことも。そのため、継続して更新し続けなくてはならないのですが、運用に時間を取られてしまうと本業が疎かになってしまう可能性があります。ただし、制作会社にホームページの作成・運用を依頼する場合は自社で修正・更新をする必要がないため、デメリットにはなりません。

ホームページ作成時の注意点

ホームページを自ら作成する際は、以下の4つの注意点を押さえておくようにしましょう。

目標やターゲットを明確にする

ホームページを作成する際は、まず「目標やターゲットを明確にすること」から始めましょう。

ただ単に「多くの人に見てもらいたい・知ってもらいたい」というだけでは具体性に欠けてしまいます。「ホームページを通じて問い合わせを増やしたい」「カタログのような仕上がりにしたい」など、具体的な目標を決めることで理想的なホームページに仕上げることができます。

ターゲットについては、性別や年齢層、居住地、趣味などまで詳細に決めることが大切です。ホームページにアクセスしてほしい人物像を明確にすることで、その人の興味・関心を惹くデザインに仕上げられます。

モバイルフレンドリーに対応する

ホームページはパソコンからだけでなく、モバイル端末からも閲覧できます。昨今は多くの人がスマートフォンを利用しているため、モバイル端末からの閲覧数のほうが多いことも。そのため、ホームページ制作をする際は「モバイルフレンドリー」に対応することが大切です。

モバイルフレンドリーとは、モバイル端末での閲覧に適さないホームページの順位を落とすアルゴリズムです。仮に順位が落ちると、検索エンジンの検索結果ページの上位にホームページが表示されなくなります。上位表示されないとホームページにアクセスしてもらえなくなるため、必ずモバイルフレンドリーに対応するようにしましょう。

ページの表示スピードを意識する

ホームページ作成の際は、ページの表示スピードにも注意しましょう。仮にページの表示スピードが遅いと、早々に離脱されてしまう可能性があります。機能やデザインを充実させすぎるとページの表示スピードが遅くなることがあるため、その点も意識したうえでホームページを作成しましょう。

会社のイメージに合うデザインを意識する

ホームページのデザインは、会社のイメージを考慮して決めることが大切です。仮に、自社のイメージとかけ離れたデザインだった場合、お客さまがホームページを閲覧した際に「本当にあの会社のホームページ?」と不安を感じる可能性があります。さらには、すぐに離脱されてしまう恐れも。ホームページをじっくり見てもらうためにも、会社のイメージに合ったデザインを意識するようにしましょう。

ホームページを作成する方法

ホームページを作成する方法には、主に以下の3つがあげられます。

無料・有料システムで作成する

ホームページは、無料システムもしくは有料システムで自作することが可能です。

無料システムは費用が発生しないものの、場合によっては素人感が出てしまうことも。仮に、ターゲットの興味を惹きづらかったり見づらかったりする仕上がりになると、すぐに離脱されてしまう危険性があり、それではホームページの意味を成しません。多くの人に見てもらえるホームページを作成するためにも、無料システムを使う場合は前もって「ホームページ作成に関する専門的な知識・技術」を身につけるようにしましょう。

有料システムは費用がかかってしまうものの、その分「初心者でも操作が簡単」「テンプレートの種類が豊富」などのメリットがあります。ただし、無料システムと同様に作り方次第では素人感が出てしまう可能性があるので、有料システムを使用する場合も必要最低限の知識と技術が必要です。

CMSツールで作成する

CMSとは、Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)のこと。具体的には、テキストや画像、テンプレートなど、ホームページを構成するものを管理するシステムを指します。「WordPress」がその一例です。

CMSを活用すれば、HTMLやCSSといったホームページを作成するうえで必要な専門知識がなくても、そして別途システムを用意せずともホームページを自作できます。また、基本的には簡単な操作しか行わないので、初心者も扱いやすくなっています。

制作会社に依頼する

ホームページを自ら作成する自信がない場合は、制作会社に依頼するのがおすすめです。自作するよりもコストがかかってしまうものの、その分ハイクオリティなホームページに仕上げてもらえます。また、制作会社によっては運用まで任せることも可能。社員の工数をホームページの運用に割く必要がないため、本業に支障をきたす心配がありません。

ホームページ作成では最初の「入口」が大事

ホームページ作成では、最初の「入口」がとても大事になってきます。入口とは、具体的には「ホームページを作成する準備」のことです。仮に、ホームページ作成に関する専門的な知識・技術がない場合、便利なシステムを活用しても満足できる仕上がりにならない可能性があります。そのため、もしホームページを自作するのであれば、知識・技術を習得してしっかり準備することが大切です。

しかし、本業で忙しいと知識・技術を身につけるのが困難な場合も。そのときは、ホームページ作成を制作会社に依頼するのがおすすめです。制作会社は専門的な知識・技術に長けているため、力を借りることで理想的なホームページに仕上げられます。また、ターゲットに沿ったデザインにしたり、モバイルフレンドリーに対応したりと、上述した注意点にも配慮してくれるため、集客・売上の増加が期待できるホームページを実現できます。「自社でうまく作成できる自信がない」という場合は、積極的に制作会社を利用しましょう。

まとめ

企業にとってホームページは、宣伝ツールとして欠かせないもの。集客・売上の増加が見込めたりお客さまに安心感を与えたりできるので、積極的に作成すべきといえます。

しかし、ホームページ作成を自ら行うのは決して容易ではありません。専門的な知識・技術にくわえて、デザイン力も必要になってきます。また、作成するにあたりいくつかの注意点があるため、それを理解し対応しないことには、ホームページの効果を最大化することは困難です。そのため、ホームページ作成はなるべく制作会社に依頼することをおすすめします。プロに一任することで、理想的なホームページに仕上げることが可能です。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ内容
団体名/医院名
お名前
メールアドレス

メールアドレスを半角英数で入力してください。

電話番号

電話番号を半角英数で入力してください。

備考
  • ホーム
  • ブログ
  • ホームページ作成の注意点とは?主な作成方法とともにご紹介